九州・筑前たなか油屋/なたね油・胡麻油・えごま油・茶油・オリーブオイル・ドレッシングの製造販売・通販産直/百年伝承の「こだわり」の味を九州は福岡から通販・産直

九州・福岡県の「筑前たなか油屋」

なたね油・食用油・調味料専門店・無添加ドレッシング製造販売

百年の伝承の「こだわり」の味を九州は福岡から通販・産直

 

TOPページ

ご推奨のお品書き

お客様の声

催事情報

メールお問い合わせ

会員登録

カートの中

筑前たなか油屋・お品書

老舗油屋・たなか油屋

last modified

2018/1/10

ご贈答品のマナーとしきたり

TOPご贈答品のしきたりとマナーのし(熨斗)の豆知識とマナー

贈答の起源は、日本古来の宗教である神道において神前に供えた奉納品を包んだのが発祥で、
神饌物(神様の食べ物)としてお供えの農作物や魚介類を束ねるために、和紙で包み掛けた上から数本の白い紙縒りを束ねたもので丸結び(結切り)にする形で奉納されていたことに由来しています。

  のし(熨斗)紙の由来

「熨斗」という呼称の由来は、アワビを干した「伸し鮑」を「長く伸びるように」という縁起物
として神事の時の贈答品に添えたことに由来します。
伸し鮑の製法が鮑を伸して作られたことからくる「伸した鮑」が、「熨斗鮑」に転じたものが省略されて「熨斗」となったという言い伝えと、儀礼作法の包み方の一つに伸し鮑の包み方を「熨斗折り」と称したものが「熨斗(のし)」に省略されたという二つの言い伝えがあります。江戸時代、明治時代をへてに庶民の間にも取り入れられるようになると簡素化が進み「熨斗鮑」も疑似化された「折り熨斗」へと変化してきたようです。

大正時代に入ると、印刷の発展とともに更に簡素化されて、現在のような一枚の紙に
水引や熨斗が印刷された「のし紙」に変化してきました。
のしやのし紙とリボン・シール等は同格の物として扱われている為、のし紙をかけた場合はリボン等の装飾はつけません。また、鮮魚、肉など生ものを贈るときや、病気・災害見舞い、弔事のときは「熨斗(のし)」は付けません。
 

伸し鮑

  内のしと外のし

内のし・外のし

贈答品を先方に直接持参する場合は、
「外のし」方式が一般的です。
最近では、宅配送途中や記念品を持ち帰りする際に「のし紙」の汚損や破損の恐れがある事を考慮し、「内のし」方式を取るケースが増えています。

のし(熨斗)紙のかけ方

贈答品に「のし紙」を掛けるということは広く知られていますが、贈答目的によってのし紙の掛け方が異なっています。お祝いごとには「慶事掛け」、お悔やみごとには「弔事掛け」に区別して用いるようになっていることに注意が必要です。
裏返した贈答品の外装品の天地に対して、

「慶事掛け」は向かって右側に位置するのし紙の端を上に(右前)交わり重ね合わせるように掛け(図1)
「弔事掛け」は向かって
左側に位置するのし紙の端を上に(左前)交わり重ね合わせるようにして掛け(図2)
ます。

 慶事掛け・弔事掛け

「慶事掛け」と「弔事掛け」を誤って使用すると贈答品マナーに反し、先方にも不愉快な気持ちを与えることに
なってしまいますので注意してください。意外とギフト屋さんも知らないケースもあります。、
また、贈り物を持参し「外のし」で直接相手に手渡す際、風呂敷に包んだままや袋に入れたまま手渡すことは贈答品マナーとして大変失礼になります。
必ず風呂敷や袋から出し、のし紙の上方を手前にして相手に向けて差し出しましょう。

TOPご贈答品のしきたりとマナーのし(熨斗)の豆知識とマナー

  水引の豆知識としきたり

のし紙にある水引の結び方は2種類あります。
「花結び」と呼ばれる「蝶結び」は、ほどき何度でも結びなおすことが出来るため、出産や長寿など何度あってもよいお場合に使用されます。
「結び切り」という結び方は一度結んだらほどけない結び方になっているため、結婚や病気、弔事など二度とあってはならない場合に使用されます。贈答品の水引の結び方も使い分けるのが冠婚葬祭のマナーです。
「水引」は、
慶事には紅白や金銀もしくは赤金の色で、5・7・9本と奇数で使用され、
弔事には白黒や黄白、青白、銀の色で濃い色を右、薄い色を左とし、
2・4・6本と偶数で使用されます。
このように「のし紙」も水引の種類で用途が異なりますので、冠婚葬祭マナーに沿って正しい使い方ができるようにしましょう。特に病気お見舞いやお見舞いの内祝いは、「結び切り」「7本」「紅白」となりますが、ギフト屋さんでも間違いが多いようです。ご注意が必要です。
「内祝」は、「お返し」の意味と理解すれば良い
のですが、婚礼の引出物の場合は固く結ばれて離れないことから、「寿 10本結切り」を使用します。水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、“夫婦は二人で一つ”という意味で5本を二つに合わせたものを一組とするためです。

弔事の場合は「志」で返礼し、「内祝」は使用しないのが一般的です。
二度と繰り返したくないお悔やみ全般に対しては、水引は結び切りで一般的に黒白を使用。もともとおめでたい時の贈答品に用いられていた熨斗も、もちろんつけません。

一般的な内祝 花結 7本

一般的な内祝 花結 7本

快気内祝 結び切り 7本

快気内祝 結び切り 7本

お見舞 結び切り 7本 熨斗紙

お見舞 結び切り 7本

仏)弔事 結び切り6本

仏)弔事 結び切り6本

婚礼・寿・10本結び切り

神)弔事 結び切り6本

婚礼・寿・10本結び切り

神)弔事 結び切り6本

 TOPご贈答品のしきたりとマナーのし(熨斗)の豆知識とマナー

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜